水素風呂とは?

水素水の特徴と効果

・活性酸素の除去
活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素があり、善玉活性酸素は人間の体に必要なもので、体内で細菌やウィルスを退治してくれるのですが、悪玉活性酸素は、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけ、様々な病気や老化、生活習慣病を含めた疾患の原因になっているのです。人体にとっては非常に迷惑な存在です。

水素は、活性酸素の中でも、最も細胞に悪い影響を与えている悪玉活性酸素のみを消去し、細胞機能にも関係しているスーパーオキシドや過酸化水素は消去しません。

体内に水素を取り込むと、水素が、この悪玉活性酸素と結びついて水にしてしまうため、悪玉活性酸素を減らすことができます。水になった後は、尿や汗となって体外に排出されます。

この効果が、「水素が身体に良い」と言われる最大の理由です。

 

・美肌のサポート
紫外線が皮膚にあたるとそこで活性酸素が発生し、細胞の脂質を酸化させてしまいます。そして皮膚は防衛反応として、メラニン色素を作り出します。
メラニンが役目を終えると、本来であれば、自然と皮膚から剥がれ落ちなくなってしまうものなのですが、加齢で代謝が悪くなってしまった皮膚の場合、そのまま居残ってしまい、これが、シミやくすみの原因となります。

水素を取り込み活性酸素を消去することで、コラーゲンの生産が正常に行われるようになり、皮膚上の水分量が増えます。
その結果、肌の弾力が増し、潤いが出て、しっとりした美肌へと変化していくのです。

・浸透力が強い
水素が他の抗酸化物質と違うところは、地球上で一番小さな構造をもった元素であることです。水では通れないところも通過するので、細胞の奥深くまで入りこむことができ、細胞のあらゆるところで発生する活性酸素を除去することができるのです。

 

水素風呂が選ばれるわけ

水素風呂とは、水素水のお風呂です。水素を効率よく体内に取り入れる方法としては、水素水を飲用する方法と水素のお風呂に入る方法が代表的ですが、飲用はこまめに取り込むことができ、水素風呂は一気に全身で取り込むことができます。
地球上で一番小さな構造をもった元素なので、皮膚呼吸によっても体内に吸収が出来ます。飲み水としての水素水より数倍も体内に取り込めます。

水素水を飲んだ場合は水素は腸から吸収されることになり、腸から体内に取り込める水素の量は限られたものになります。
一方、水素風呂の場合は湯船につかりながら全身に吸収させ、また蒸気として呼吸からも取り込むのができるので一番効果的な方法だといわれています。

水素風呂の種類
水素風呂には、大きく分けて「水素入浴剤」「水素発生器」があります。
水素風呂をお手軽に試してみたい方には、「水素入浴剤」、長期にわたって水素風呂を日常的に使用する方には「水素発生器」がおすすめです。